ワキガの人と出会った時

冬場は厚着で人と接することが多いのでほとんど気になることはありませんが、薄着となる春や夏は毎年必ず何人か出会ってしまいます。

コンビニエンスストアだったり、ほかのお店だったりとかなり油断している時に出会ってしまうので、本当に不快な気持ちになります。そういった方々は自分で気付いていないのだろうか、といつも思ってしまっています。特に夏場などは臭う可能性がとても高いのですから、いつも以上に気を付けてほしいものです。

最強だと思うのは、あるコンビニのアルバイトの方です。レジもやったり、品出しもやったりと多くの人の前に立つ仕事なのに臭っていて、一度行って以来もう足を運んでいません。違う仕事をするなり考えてもらいたいものです。

幸いなことに、毎日会うような関係の方にはワキガの方はいません。これまでもひとりもいなかったです。もしかしたら、いたとしても治療なりその方がかなり努力していたのかもしれません。臭いはやはり敏感になってしまいます。

ワキガの匂いに初めて気が付いた

私、二十歳を過ぎるまで、ワキガの匂いってどんなものか、気が付かなかったんですよ。だから、世間一般でワキガ、ワキガって言うけど何を大げさなと思っていました。ところが、会社に入り、ある同僚から言われた一言。「知ってるか?あの娘、ワキガなんだぜ」と。

私、その時に初めてワキガの匂いがどんなものか知りました。臭いですね。正直、ショックを受けました。何がショックかというと、その女の子、結構かわいい娘だったんですよ。そんなかわいい娘がワキガだったなんて・・。それと、ワキガの匂いを初めて知り、確かにこの匂いは以前にも嗅いだことがあると思いました。

それ以降、電車の中や、職場の他の人など、ワキガの匂いに敏感になってしまいました。ワキガの人がいるとどうにも我慢ができず、ついつい、鼻を押さえてしまいます。

そして、今、私が一番気にしているのは、実は自分がワキガではないかということ。ワキガって、自分では気が付かないって言います。いつも脇の下に手を充てて、匂いを嗅いでいます。

どうやら、自分はワキガではなかったらしい。ホッとしましたが、今でも、ワキガの匂い、私はダメですね・・。

腋臭を抑える方法

妊娠するまでそれほど悩んだことがなかった腋臭ですが、妊娠後急に強くなった腋臭。女性なのにこんなに香ってしまっていいのか。自分でもきついにおいが分かるので、周りの人は耐え難いと思っていました。

その私が使用した腋臭対策グッズは、まずロールオンタイプの制汗剤。エイトフォーを使用しました。同じエイトフォーでもスプレータイプがありますが、その当時のにおいのきつい私には一時的な効果しか得られなかったので直接塗るタイプを選びました。いろいろ香りはありますが、せっけんの香りがお気に入りでした。

もう一つ使っていたのはスティッククリームタイプのデオナチュレ。これも直接塗るタイプなので効果があるような気がしました。

直接塗るタイプの制汗剤で気になるのは、肌に触れる部分の雑菌。においのする脇に直接塗っているので、制汗剤自体の中で雑菌が繁殖しないかが心配でした。

テレビ番組で紹介されていましたが、最近の制汗剤は汗腺を塞いで、汗の量も抑えてくれるんですね。科学の力ってすごいなと感じました。

病院で治療しなくても腋臭に全く悩まなくてもすむ日が早くこればいいと思います。

ワキガの臭いを消した方法

ワキガはとても独特で、消臭のためのあらゆる商品がでまわっている。でも、時間とともにすぐ臭ってくるものである。今ままでで、本当に良かったと思う方法は、ミョウバン水。

薬局で手ごろな金額で購入が出来、ペットボトルに水道水を入れて、ミョウバンを2,3日かけて溶かすというものである。これにアロマエッセンシャルを加えることで、またとてもいい香り。エッセンシャルオイルは、レモン、ユーカリ、ペパーミントがよい。

あと、既製品のものでは、デトランスαがホントに臭わない。ワキガというのは本人をどんどん萎縮させてしまうものです。本人が気にしているほど回りは気にしていないときもあると思う。でも、臭いが消えたらその人の人生とっても開けてくると思うのです。

デトランスα本当にすごい。塗った部分に汗もかきません。続けることで、効果も持続します。臭いを消す方法であらゆるものを試したが、本当に良かったのはアロマミョウバン水とデトランスαである。